【最強の狙撃手が生んだ実話】アメリカン・スナイパーのレビュー

アメリカンスナイパー

『アメリカン・スナイパー』は、アメリカ合衆国で製作され2014年に公開された伝記映画です。 原作はイラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』。監督はクリント・イーストウッドで、ブラッドリー・クーパーが主演を務める。

あらすじ

クリス・カイルはテキサス州に生まれ、厳格な父親から狩猟を教えられながら育った。やがて時は経ち、ロデオに明け暮れていたカイルは、アメリカ大使館爆破事件をきっかけに海軍へ志願する。

30歳という年齢ながら厳しい訓練を突破して特殊部隊シールズに配属され、私生活でも恋人タヤと共に幸せな生活を送るクリスであったが、間もなくアメリカ同時多発テロ事件を契機に戦争が始まり、カイルもタヤとの結婚式の場で戦地への派遣命令が下るのだった。イラク戦争で狙撃兵として類まれな才能を開花させたカイルは、多くの戦果から軍内で「伝説(レジェンド)」と称賛されると共に、敵からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金をかけられていた。テロ組織を率いるザルカーウィーを捜索する作戦へと参加したカイルは1000m級の狙撃を得意とする元オリンピック射撃選手の敵スナイパー「ムスタファ」と遭遇し、以後何度も死闘を繰り広げる。繰り返される凄惨な戦いのなかで親友のビグルスは戦傷により視力を失い、戦争に疑問を感じ始めたマーク・リーは戦死し、強い兄にあこがれて海兵隊に入隊した弟はイラク派兵で心に深い傷を負って除隊した。

同僚や弟が戦場で傷付き、倒れゆく様を目の当たりにし、徐々にカイルの心はPTSDに蝕ばまれていった。戦地から帰国するたびに変わっていく夫の姿に苦しみ、人間らしさを取り戻してほしいと嘆願するタヤの願いもむなしく、戦地から帰国するたびにカイルと家族との溝は広がっていく・・・。

見どころ

舞台となるのはイラク戦争ですが、遠くから標的を撃ち抜くスナイパー技術に圧倒されます。今作は実話を元に制作されているので戦場をリアルに感じることが出来ます。

戦地へ赴く度に主人公に変化が

今作はイラク戦争の激戦地に4度にわたり赴任した米軍史上最強のスナイパークリス・カイルの半生を描く映画です。壮絶な戦闘シーンとともに、妻や子と過ごすアメリカでの生活も丹念に描写されているんですが、戦地から帰るたびに主人公が変わっていく様が見受けられます。

それは単なる精神病などではなく、本当の自分はまだ戦地にいるかのような感じで例えるなら何かにとりつかれているようです。それは後にPTSDという心的外傷によるものと判明します。

米軍史上最多 160人を射殺した最強の狙撃手

 

スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズの掟に従うようにして仲間たちを徹底的に援護します。人並み外れた狙撃の精度からレジェンドと称されるが、その一方で反乱軍には「悪魔」と呼ばれ、賞金を懸けられてしまいます。アメリカに残した家族を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪っていくクリス。

作品自体はハッピーエンドではありませんが、戦争とはを考えさせられる映画になっているので興味がある方は見ていただければと思います!




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です