【予想外のラスト】手紙は憶えているをレビュー

手紙は憶えているとは

『手紙は憶えている』(原題:Remember)は、2015年製作のカナダで制作されたドイツ映画です。ホロコーストを題材にしたサスペンス映画で監督はアトム・エゴヤンとなっています。

あらすじ

ゼヴは今年90歳で、ニューヨークの介護施設で暮らしている。最近は認知症が進行し、最愛の妻、ルースが死んだことさえ忘れてしまうようになっていた。ある日、ゼヴは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はアウシュビッツ収容所からの生還者で、ナチスに大切な家族を殺されていた。その手紙には2人の家族を殺したナチスの兵士に関する情報が記されていた。その兵士の名はオットー・ヴァリッシュといい、現在は”ルディ・コランダー“という偽名を使って暮らしているという。

コランダーと名乗る人物は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わりゼヴは復讐を決意、1通の手紙とかすかな記憶だけを頼りに、単身オットー・ヴァリッシュを探しに一人で旅立つが・・・。

見どころ

主演は「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマー。独創的なストーリーを描く新人脚本家、ベンジャミン・オーガストが、予想外のラストで観る者を驚愕させます。マーティン・ランドー、ブルーノ・ガンツら名優たちの演技も必見です!

認知症の老人が主人公

物語はとあるアメリカの老人ホームから始まります。妻のルースを亡くしたばかりのゼブ(クリストファー・プラマー)は、認知症が進んでしまい、目を覚ますと必ず亡き妻を探すようになっていた。

そんなゼブに、友人のマックス(マーティン・ランドー)は、ルースの死後に決行すると約束していた作戦を思い出させる。それは、彼らの家族を殺した後に、アメリカに逃げ、身分を偽って生きてきたナチの新鋭隊員:ルディ・コランダーを探し出し、殺すというものだった。そんなマックスの導きに従って老人ホームを抜け出したゼブは、アメリカ各所に散った四人の容疑者を訪れ、一人ずつ正体を突き止めていくという物語です。

手紙が物語のカギを握る

 

手紙の存在によって、ゼブの処刑ミッションは、ゆっくりと、しかし確実に進んでいきます。処刑ミッションの中で興味深いのは、人々がゼブに対して危機感を全く抱かないこと。足取りもおぼつかないゼブは、社会的に見れば、守られる側の存在なのであり道を聞いても、ちょっと無理な要求を出しても、人々はゼブの願いを聞き入れてくれる。老人であるがゆえに、ゼブは「守られた処刑人」として、着々と処刑の段取りを進めることが出来るのです。

予想外のラスト

自分の妻の死さえ忘れてしまう男の復讐劇はどこか不安定で、終始視聴者をハラハラさせます。ラストの展開も非常に良く出来ており、主人公のゼブが取る行動には圧巻です。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です