【最強の殺し屋】メカニック・ワールドミッションをレビュー

メカニック・ワールドミッション

『メカニック:ワールドミッション』は、2016年にアメリカとフランスが共同制作したアクションスリラー映画です。監督をデニス・ガンゼル、出演はジェイソン・ステイサムとなっています

今作は2011年に公開された映画『メカニック』の続編でもあります。

あらすじ

「メカニック」と呼ばれた凄腕の殺し屋アーサー・ビショップ。裏社会から足を洗った彼はリオデジャネイロで平穏な日々を過ごしていた。だがある日、ビショップのもとに再び殺しの依頼が舞い込んでくる。

しかも依頼主は幼少期からビショップと共に殺し屋として育てられたクレインだった。クレインは過去の因縁からビショップに対して強い恨みを抱いており、そんな彼が仕事を依頼してきたことに不信感を抱いたビショップはその依頼を断り、クレインの部下を殴って逃走するが・・・。

見どころ

ジェイソン・ステイサムが遂行率100%の暗殺者を演じるヒット・アクションの続編。前作よりもさらに内容はパワーアップし、ジェシカ・アルバ、トミー・リー・ジョーンズ、ミシェール・ヨーら、豪華な顔触れが共演です!

キレのあるアクションがすごい

前作のメカニックでもアクションは凄かったのですが、今作は前作よりもパワーアップしています。殺し屋という職業柄、手際よく・証拠を残さないという制約がまた視聴者をハラハラさせてくれます。

また、ジェシカ・アルバ嬢とジェイソン・ステイサムの息の合ったコンビネーションと影の大物に扮するトミー・リー・ジョンズの老練さが何とも渋くて素晴らしいです。

隠居生活から一変、美女に騙され再び殺し屋に

 

殺し屋からは身を置き、平穏な生活を楽しんでいる主人公でしたがある日、自分を騙そうとした訳あり美女に惚れてしまいます。

その結果、3人の暗殺をしなくちゃいけない羽目になってしまいます。主人公に命令を下してるのはかつての殺し屋仲間クレイン。クレインは主人公と共に幼少期から殺し屋として育てられた顔なじみでした。

そんなクレインは今や世界屈指の武器商人。商売敵の武器商人をビショップに殺せと命じたのです。その命じられた内容がまた難題で、対象となる人物3人を事故に見せかけて暗殺するという内容でした。

前作と併せて見ると更に面白い!

前作を見なくても楽しめますが、前作を見てから今作を見ると面白さが倍増するかなと思います!ジェイソンステイサム扮するビショップの暗殺技術とアクションは圧巻で、アクション好きの方には是非見ていただきたい作品です。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です