【漫画家を目指す2人の青春物語】バクマンを紹介します

「デスノート」原作コンビによる人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督が実写映画化!

バクマン。

あらすじ

高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに、二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。

そして突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ。果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか・・。

見どころ

佐藤健と神木隆之介が週刊少年ジャンプの頂点を目指す高校生漫画コンビを熱演!プロジェクションマッピングを効果的に使ったシーンなど、大根仁監督の遊び心がたっぷりです!

漫画家を目指す2人の青春ストーリー

「バクマン」は2008年から2012年まで週刊少年ジャンプに連載された漫画です。

高い画力を持った真城最高と文才と発想に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のり・その活動を描く物語です。

物語は連載開始時と同じ2008年から始まり、話の進行によって現実世界を追い越す様になります。最終話時点で劇中年月は2018年9月となっています。

バクマンの魅力

ジャンプの漫画というと王道的なストーリーとバトルが魅力的ですが、今作はすこし違います。「マンガを描く」だけの漫画というとストーリーが単調になってしまいそうですが、

バクマンの魅力はこれまで知り得なかった漫画家の裏事情なども描かれており、『週刊少年ジャンプ』のアンケートシステムや編集部内部のお話、連載を続ける苦労や漫画家ならではの人間関係などがよく描かれています。

映画「バクマン。」は原作を読んでいない方でも楽しめる

本作では「漫画を描く」と言うひたすら地味な作業を平坦に見せないため、漫画の作画シーンはアクションバトル仕様になっています。

CGグラフィックを駆使し、最高と秋人コンビ、新妻エイジの原画の世界で、ペンを剣代わりに戦う最高、カッターとスクリーントーンで加戦する秋人、それに応戦し、空を飛ぶエイジのアクションシーンは誰も観たことのない漫画映画に仕上がっています。

繰り返し観れば観るほど、ジャンプ編集部のように奥行きの深い映画『バクマン。』

豪華なキャスト陣と大根監督の才能と映画スタッフたちの匠が結集した作品となっています!




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です