【聖杯を巡る戦争】Fate/stay nightをご紹介

「聖杯」をめぐる魔術師たちの戦いを描いた、大ヒット伝奇アクションシリーズ第1弾

Fate/stay night

あらすじ

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。

見どころ

主人公とそのサーヴァントの主従関係が織り成す恋物語としても秀逸な本作。ふたりが惹かれあう様子を丹念に積み重ねていく演出によって、ラストシーンは感動ものです。

聖杯を巡って英霊達とそのマスター同士が戦う

大人気のゲームFate/Grand Orderを含むFateシリーズについては、おそらく殆どの方がご存知だと思います。元々は2004年に発売されたPCゲームです。

「Fate」シリーズの全般的な基本設定として、マスターとサーヴァントがペアを組んで戦うというシステムがあります。

Fate/stay nightの場合、マスターによって召喚されたサーヴァントはセイバー、ランサー、アーチャー、ライダー、キャスター、アサシン、バーサーカーの七つのクラスとして地上に現れるのですが、各々のクラスには特徴があり、またマスターは「令呪」と呼ばれる特殊な魔術を用いて自分のサーヴァントを三回だけ強制的に従えることができるのです。

作画が魅力的

Fateの魅力はなんといっても作画にあります。その戦闘シーンはアニメというよりは映画を見ているようで、迫力満点の仕上がりです。

戦闘シーン以外にも作画は高クオリティで細かい演出や描写は話題になりました。

登場キャラクターが全員主役級

今作では英霊というサーヴァントとマスターがペアを組んで戦うのですが、この英霊達がとても魅力的なんです。あくまでアニメの中での設定ですが「アーサー王」「佐々木小次郎」といった過去の偉人達が出てきます。

この英霊達には一人ひとりにちゃんと明確な目的があり、動機や背景がしっかりと設定されているので、それぞれのキャラに感情移入できます。

また、英霊達が使う武器はクラス毎に異なり、それぞれの武器を使用したアクションや戦闘シーンは映画のようです。

映像・シナリオ・キャラ・アクションの全てが高水準に仕上がっているので、普段はアニメを見ないというような人にもオススメしたい作品です。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です