【宝くじに当選、手元に3億円もの大金が舞い込んできた】億男を紹介します

お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観を問う新感覚マネーエンターテインメント!佐藤健×高橋一生ら豪華キャスト陣がお金をめぐって大冒険!

億男

あらすじ

身内の借金の保証人になった一男は昼間は図書館司書、夜はパン工場で働き、いつ終わるとも知れない返済の日々を過ごしていました。ところがある日、宝くじに当選、手元に3億円もの大金が舞い込んできます。

急なことに戸惑って仕方のない一男はITで大金持ちになっている大学時代の親友九十九のもとを訪ねます。“一万円札のうんちく”を語りだす。そして、とりあえず使ってみようと言ってパーティーを開きます。

そこにはパリピ女子のあきらがいて中央のポールダンスの舞台で踊って見せたりしています。なれない会場の空気に飲まれつつもお酒を浴びるように飲んだ一男。翌朝になり目覚めると、3億円と九十九は姿を消していました。3億円の行方と九十九の真意を探るためあきら経由で、九十九のビジネスパートナーを巡っていくことになります。

最初に出会ったのは自称スーパーエンジニアの百瀬。競馬場の特等席で大金を賭けて遊ぶ百瀬の姿を見て一男は圧倒されます。百瀬はポンと100万円を一男に貸すと、好き勝手に競馬をやってみろと言い出します。一男は最初のレースで万馬券を当てて、1億円にした後、大負けして全てをすってしまいます。ところが、これは百瀬の一人芝居で、実際に金銭は1円も行き来していませんでした・・。

見どころ

『世界から猫が消えたなら』の原作者でプロデューサーとしても活動している川村元気の著書を、『ハゲタカ』シリーズなどの大友啓史監督が映画化。宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描く。

親友が三億円と共に失踪

宝くじで三億円を手に入れた主人公ですが、いきなり大金が手に入ったので、どうすればいいか分からない状態に。そこで大学時代の親友を訪ねるのですが・・その直後、九十九が三億円と共に失踪。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ビル・ゲイツ。数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男のお金をめぐる三十日間の冒険が始まるというわけです。

 

親友の裏切り

今作の主人公である一男の親友の名前は九十九といい、大学で知り合いました。

陰気な風貌とは裏腹に大勢の人を笑わせるほど落語が上手で、一男は彼と友達になりました。同じ落語研究会に所属し、周囲からは『一男』と『九十九』だから二人合わせて百パーセントと言われ、二人にとってそれは嬉しいことでした。

そんな九十九とある時期を境に全く連絡をとっていなかった一男ですが、連絡するとすぐに繋がり、彼の家に行くことになります。そこは九十九が立ち上げたSNS系のネットベンチャー企業のオフィス跡で、引っ越すのが面倒でここで暮らしているのだといいます。一男の手にしたお金とは比べ物にならないほどのお金を持っているにも関わらず、昔と全く変わっていない九十九に一男は安堵し、再会してすぐに話を切り出します。

お酒に酔ってしまい一男が眠りに落ちる寸前、九十九は人間には自分の意思でコントロールできないものが三つあり、死ぬこと、恋すること、そしてお金だと言いました。そして翌日、一男が目を覚ますと昨日の騒ぎが嘘のようにオフィスは静まり返っていて、九十九と共に三億円も姿を消していました。

お金だけが全てではないと教えてくれる作品

お金がないと生きていけないのは当たり前のことですが、でもそれだけでは豊かな人生とは言えないだなというのがよくわかる作品です。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です