【アイアムアヒーロー】人気コミックを実写化したパニックホラー

「突如「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々によって日常が壊滅する。」

アイアムアヒーロー

 

あらすじ

アイアムアヒーロー」と自らをを鼓舞するようにつぶやくのが口癖のモテない・サエない・うだつのあがらない漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。

そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

見どころ

この映画はいわゆるゾンビ映画ですが(作中ではゾンビではなく「ZQN」と呼ばれています)、日本のゾンビ映画が珍しいわけではなく、日本でもこれまでいくつかゾンビ映画が製作されてきました。しかし、残念なことにゾンビ映画ファンを納得させる作品がなかなかなかったのも事実です。本筋から逸れる人間ドラマ、アイドル系役者の起用、不必要なお笑い芸人のギャグなど、ゾンビ映画と本質的に関係ない要素を見るたびにがっかりしてきたゾンビ映画ファンは少なくはないでしょう。

本作はこうした過去の日本のゾンビ映画と全く違います。佐藤信介監督を始めとする製作スタッフと役者陣は、見事に王道ゾンビ映画を作り上げました。

日本の映画では珍しい過激なバイオレンス表現

 

本作「アイアムアヒーロー」は世界的に高く評価されています。本作が世界で評価された一番の理由は、間違いなく過激なバイオレンス表現です。とにかく妥協することなくグロい表現があります。こうしたバイオレンス表現はとくに有名俳優を起用するような大衆向けの映画では避けられる傾向にありますが、本作は大泉洋、有村架純、長澤まさみといった人気役者を揃えつつもバイオレンス表現からは一切逃げていません。ジャパニーズホラー的要素もあり、驚かせ演出もベタですが丁寧な内容です。

ゾンビ映画でありながらヒーロー映画

ゾンビ映画のなかでも、本作は平凡な主人公がZQNを倒すヒーローになるまでを非常に丁寧に描いた点が他とは違うオリジナリティです。日本では比較的珍しい猟銃を単なる武器としてだけではなく、主人公の成長を示すキーアイテムとして上手く活かしていました。物語開始当初、ガンロッカーに閉じ込められ全然使われていない猟銃は、まさに閉鎖的な社会のなかで抑圧され上手くいっていない主人公そのものです。主人公が終始、銃刀法を律儀に気にするのも、自分が行動しないための言い訳に過ぎず、結局法律などの社会にしがみついて生きていくしかない弱さを表していています。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です