【死刑が確実視されている法廷サスペンス】三度目の殺人をご紹介

「殺人の前科をもつ三隅(役所広司)が解雇された工場の社長の殺害容疑で起訴されることから物語が始まる」

三度目の殺人

 

あらすじ

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

三度目の殺人の内容は法廷心理劇

 

監督は家族を題材にしたヒューマン・ドラマばかりを手掛けてきた是枝裕和です。ところが最新作はタイトルに「殺人」とあるように犯罪モノの内容です。

今作ではとある殺人事件をめぐる弁護士と検察の、非常にリアルで濃密な法廷心理劇が繰り広げられます。しかし、そんな法廷心理劇でもちゃんと家族の物語になっているのが是枝裕和が監督らしいところです。そこはこれまでの是枝裕和監督の家族ドラマが好きな人も期待してよいでしょう。本作で揃った役者陣も、いつもの是枝組の面々と、新しく仲間入りした面々が半々で、皆、抜群の名演を披露しています。

また、物語のキーマンでもある過去に前科を持ち、自分を解雇した工場長を殺した罪で起訴される殺人犯・三隅を演じるのは役所広司です。接見室で重盛から殺人の動機を聞かれるも、どこか他人事。次第に重盛は、「三隅は殺人を犯したのか」「真実は何なのか」と頭を悩ませます。役所広司が本作で魅せる“異質な”殺人犯像は、監督の想像を超えるものだったんだとか。

司法という世界をリアルに実感できる

本作はドラマや役者の演技云々を語る前に、まず日本の「司法」という世界を見事に描き切っています。

一般人にしてみれば、司法の世界はどうしてもどこか遠い場所のように思えてなりませんし、被害者か加害者にならなければ関係ないと考えてしまいがちです。しかし、裁判員制度がある以上、自分が人を裁く側になる可能性がじゅうぶんありうるわけです。

監督は今作を製作するにあたって、裁判を傍聴することはもちろん、1年以上にわたり弁護士への取材を敢行し、さらに作品の設定通りに弁護側、検察側、裁判官、犯人に分かれて模擬裁判を実施し、そこで見られた反応や言動を脚本に落とし込んでいったそうです。本作のテーマは監督が名言しているとおり、「果たして人は人を裁けるのだろうか」という根源的な問いかけです。

司法の本質を映像で問いかけてくる演出の数々が本作は目を引きます。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です