【まだ結婚できない男】前作から約13年ぶりの“復活

2006年7~9月に放送された俳優の阿部寛が主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ、フジテレビ系)の続編「まだ結婚できない男」が、2019年10月期から放送されます。

前作から13年ぶりの復活

今作は前作から約13年ぶりの“復活”となります。続編は前作から13年後が舞台で、前作と変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という主人公・桑野信介(阿部さん)の日常を描く。「前作の結婚できない男」は偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き一躍話題となりました。続編では、前作に続き尾崎将也さんが脚本を担当します。

あらすじ

 

前作から13年後、主人公の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人で暮らしている。13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)しています。

恋愛面では、前作で自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想を尽かされてしまい、その後に破局します。少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻りしてしまうことに。

50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっています。将来のことを考えると、少し不安も感じている桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始めることになります。

腕のいい一級建築士でありながら、偏屈で皮肉屋な性格と結婚するメリットがないという考えから、桑野信介は50歳を過ぎても独身で気ままなシングルライフを満喫していた。
そんな桑野の周りに、女性弁護士、カフェの雇われ店長、そして隣の部屋に引っ越してきた若い女性・・・と次々に美女が現れます。

第一話を見た感想

13年前に放送された「結婚できない男」が本当に面白かっただけに続編のハードルは高かったと思いますが、前作の小ネタ(「更新してるぞ」・パグ犬との出会い・1人しゃぶしゃぶ等)を丁寧に下敷きにしてファンが思わず「それそれ!」と笑ってしまうシーンが盛り沢山の内容でした。

結婚できない男の面白さをどこで捉えるのかは、人それぞれだと思います。今のところは、懐かしさや新しさを感じることに重きをおいていますが、次第に人間関係、得に桑野と彼を取り巻く女性たちの関係に目が離せなくなってくることを妄想し楽しみにしている人達が多くいるのではないかと予想しています。

 




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある