【アイネクライネナハトムジーク】巡りあいの連鎖を10年に渡って描く

2人の「出会い」によって生まれた物語は、不器用ながらも愛すべき人々の思いがけない巡りあいの連鎖を10年に渡って描かれていく。

また不器用な愛の物語を今描かせたら右に出る者はいないであろう今泉力哉監督の手によって、複雑であろう恋愛群像劇を、誰もが抱きしめたくなるような奇跡のラブストーリー映画としてよみがえらせた。

3度目の共演となる主演二人の阿吽の呼吸も覗けるであろう今作では星々という点が線を結ぶことで星座という形になるように、運命や奇跡とは振り返った時に感じることのように、登場人物たちの時を超えた「出会い」と「繋がり」に感動できる、ステキな物語となっています。

アイネクライネナハトムジークのあらすじ

仙台駅前。大型ビジョンを望むペデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに人々が沸いていた。

そんな中、訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季(多部未華子)と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。

紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む。元々劇的な〈出会い〉を待つだけだった佐藤に、大学時代からの友人・織田一真(矢本悠馬)は上から目線で〈出会い〉の極意を説く。

彼は同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている。変わり者ながらも分不相応な美人妻と出会えた一真には不思議な説得力がある。

佐藤は職場の上司・藤間(原田泰造)にも〈出会い〉について相談してみるが、藤間は愛する妻と娘に出て行かれたばかりで、途方にくれていた。

一方、佐藤と同じく〈出会い〉のない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めていた。

今作の見どころ

仙台に住む様々な人たちによる「出会い」と「奇跡」の恋愛群像劇を、伊坂原作監督ならではのナチュラルな日常でありながら、非日常感溢れる奇跡の掛け算が連続し、誰もが多幸感に満たされる見事な筋書きでした。

そして様々なエピソードを上手くつなぎ合わせ、主題歌の謳い文句通りに「劇的でない」仕上がりにすることで、今生きている我々にもこんな出会いがあるのではないか、また自分と関わる誰かにステキなストーリーが紡がれているのではないかと思わせてくれる、非常に素敵な映画でした。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある