【ONE PIECE/ STAMPEDE】数多の海賊によるお宝争奪戦

原作コミック、アニメ、その他さまざまなグッズなど絶大な人気を誇る国民的漫画「ONE PIECE」の劇場版第14作。

世界一の祭典「海賊万博」に集結する数多の海賊によるお宝争奪戦を、アニメ開始20周年記念の名にふさわしく豪華キャラクターたちの登場で繰り広げていく。今作も原作の尾田栄一郎がオリジナルのキャラデザや衣装などの製作に携わり、監修として参加。

公開日前にTVで放映された特別編は今作と連動した内容になっており、後悔に向けて熱を上げる仕掛けも行われた。オールスター勢揃いと噂の今作。時代の覇権を巡る熱狂がいよいよ開幕します。

あらすじ

海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典、海賊万博。

「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタ(CV:ユースケ・サンタマリア)からの招待状を手にしたルフィ(CV:田中真弓)ら麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、世界中から海賊たちが群がる、大きな盛り上がりを見せていた。

そこには勢ぞろいした❝最悪の世代❞キッドやベッジ、ホーキンスやボニー、さらあにはバルトロメオ、キャベンディッシュの姿も!

全員の目的はただ一つ、万博の目玉「海賊王【ロジャー】の遺した宝探し」。宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた!しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようとスモーカーたちによる海軍の潜入捜査までもが動き始めていた・・・。

今作の見どころ&感想

海賊万博に集った海賊たちが祭りの仕掛人により窮地に立たされるも、「個の強さ」よりも「仲間があってこその強さ」という拳で立ち向かうルフィたちの姿を、手書き調の荒々しいタッチとCGを融合した作画によって、これまでにないレベルの迫力と映像で魅了し、さらには本編では絶対実現しないキャラたちの共闘、アニメ開始から彩ったキャラたちが集結し暴れまわる姿、画面の端々に映るレアキャラなどなど、「アベンジャーズ/エンドゲーム」と肩を並べるほどの熱狂のフェスムービーでした。

今回のこの「ワンピース/スタンピード」は、「好きなキャラの活躍や登場」をしっかり抑え、さらに「アニメ放送20周年記念」の名にふさわしい最高のキャラムービーでお祭り映画であったわけで、ファンを喜ばせるための最大級のおもてなしを心掛けた非常に優れた娯楽映画だったように思えます。

 




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある