【天気の子】家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語

2016年、社会現象にまでなったアニメーション映画「君の名は。」から約3年。スタジオジブリが製作部門を閉鎖し、次々と新鋭のアニメーション作家が頭角を現している昨今、監督は明らかに「スタジオジブリ」の開いた穴を埋める逸材になったといっても過言ではないです。

その美しい風景描写と思春期を迎える主人公とヒロインの叙情的な物語という世界観から熱心なファンに愛され、前作「君の名は。」で、興行収入250億円もの特大ヒット作を生み出したことで、今や国民的アニメーション監督の名にふさわしい、新海誠監督の最新作です。

天気の調和が乱れつつある時代を舞台に、家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を、思春期ならではの美しさや切なさを初々しくもドラマチックに魅せる、監督が最も得意とするジャンルで描く。

前作同様RADWIMPSが音楽を担当し、女性ボーカリストを新たに迎えることで、前作以上に歌と物語を密につなげていく試みは要注目です。

物語のあらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。

離島から家出し、東京にやってきた帆高(声:醍醐虎汰朗)。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜(声:森七菜)。彼女には、不思議な能力があった。

今作も絶対楽しめる、損をさせない作品に仕上がった(監督談)

前作「君の名は。」では完成が公開日ギリギリまで遅れる事態になったそうですが、今作もつい公開日まで制作作業をしていたというほどギリギリだった模様です

今作は前作の大ヒットを受け、クリエイターとしてかなりの自信がついたそうで、その自信から今作も絶対楽しめる、損をさせない作品に仕上がった、と製作報告会見で仰っています。

しかし、「こんな風に終わると、みんな納得するよね」というような締め方にはしていないようで、「あなたはどう思うか」というメッセージを投げかける部分が強い作品に仕上げたようです

今作の見どころ

アニメーション映画とはいえ、完全に新宿の街並を再現した風景は、前作同様、登場人物の面影を探してしまうほど没入感のある物語です。

洗練された風景、ライター業は辛いけど誰かと食べる食事はおいしいという件を見事なテンポの良さで描き、雨の中に潜む謎の魚、二人の過去、夏美愛人疑惑、拾った拳銃など細かい部分までしっかり伏線として序盤に見せ、まさか前作のあの二人がいる世界と同じ世界だったというサプライズも盛り込んであった、非常に楽しく非常に切なく、非常に爽快な作品でした。




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある