【イエスタデイ】ビートルズが存在しない世界

ある事を境に「ビートルズ」が存在しない世界になってしまった現代を舞台に、ミュージシャンを夢見る青年の思いもしない成功とその代償や苦悩を、彼を支える幼馴染の女性との恋愛模様も絡めて描いた音楽コメディ。

斬新な映像と音楽で一世を風靡したダニー・ボイル監督と、ユーモアを交えたラブストーリーを得意とするリチャード・カーティスが脚本を手掛けるという、イギリス随一の名監督が初タッグを組んだ意欲作は、二人が愛してやまないビートルズを消してしまうという大胆な発想の下、唯一ビートルズの曲を知っている青年が記憶を頼りに彼らの曲を披露し、驚きと興奮、苦悩や葛藤にさいなまれながら成長を遂げていく物語。

現代風アレンジによって新しいビートルズを感じられたり、実際に生歌で撮影したというライブシーンは至福の音楽体験になります。

あらすじ

売れないシンガーソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)が音楽で有名になるという夢をあきらめた日、12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。

真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと…あのビートルズが世の中に存在していない!
世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?

ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、SNSで大反響、マスコミも大注目!

すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。

エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが─。

ビートルズの楽曲を武器に世界へのし上がっていく

鳴かず飛ばずのミュージシャンが、自分だけが知っているビートルズの楽曲を武器に世界へのし上がっていくと同時に、マネージャー兼運転手兼幼馴染という枠に収まっていた彼女を失うという天秤にかけられ、本当の自分はどう在るべきかにさなまれていく物語は、いかにビートルズの楽曲が世界を魅了しているのかということを再認識させ、

また彼らが存在しないことで生じる小ネタにはにかんでしまう楽しさ、またリリー・ジェームズ演じるエリーの切ない乙女心が醸し出される演技によって、非常にラブロマンスとしても魅力的な作品です。

作中にはビートルズの小ネタがたくさん

ビートルズが存在しなくなることで、沢山の言葉や存在が亡くなっていることが劇中で明かされます。

もちろん「ビートルズ」と検索してもカブトムシしか出てこないんですが、なんとビートルズを敬愛してやまないバンド「オアシス」も存在していないのは驚きです。

それ以外にもビートルズの楽曲「Come Together」に出てくるコカ・コーラまで存在しないのと、タバコを吸うという概念まで無くなってます。

色々と無茶ぶりな設定もありますが、監督と脚本2人が、ビートルズがどれだけ素晴らしいアーティストなのかを謳った映画であることは、今作を見れば伝わると思います。

 




もっと笑顔を!
動画配信サービス U-NEXT

総作品数以上120,000以上!あなたの「見たい」がココにある